• トップページ >
  •  活動内容>
  •  国内>
  •  第10回合同研究会

第10回合同研究会

ご挨拶

 Science without religion is lame, religion without science is blind(宗教なき科学は欠陥であり、科学なき宗教は盲目である)という言葉は、20世紀の偉大な科学者の一人アインシュタインの有名な言葉です。この言葉をどのように理解するかは各自に任された課題と言えますが、アインシュタインの晩年の関心事は、1938年にドイツのオットー・ハーンらによって発見された核分裂エネルギー=原子力をどう考えるのかという問題と深く関わっていました。すなわち、アメリカに亡命した彼は、ナチがこれを利用して原爆を創る可能性を憂慮したレオ・シラードの要請を受けて、アメリカのルーズベルト大統領に私信を送り、対抗措置を促しましたが、それを受けた大統領は、オッペンハイマーを所長とするマンハッタン計画を遂行して、原爆の製造に成功しました。そして、彼を引き継いだトルーマン大統領によって、1945年8月にウラン235を利用した原爆が広島に、プルトニウム239を利用した原爆が長崎に投下されたことは、アインシュタインをして驚愕させた20世紀の大きな悲劇的な出来事でした。

 第二次大戦後には、1953年に当時のアイゼンハウアー大統領が、国連で原子力の平和利用Atoms for Peaceという有名な演説を行い、人々に原子力発電に人類の夢(幻想?)を抱かせ、戦後日本もこの路線に乗って原発が稼動し、人々の生活や経済を支えてきましたが、今や原発は、安全性という観点のみならず、核燃料廃棄物の最終処分が未解決であるという点からも、世界中で大きな争点となっています。こうした中で、宗派を越えて人類の平和と福祉を希求する宗教は、科学に何を要求すべきでありましょうか。ドイツでは、昨年の3.11福島原発事故を受けてメルケル首相が発足させた倫理委員会で、宗教者が大きな役割を演じましたが、他の国々でそういった動きは、あまりみられません。

 他方、生物学の近年の進歩は目覚しく、ES細胞(胚性幹細胞)実験の是非をめぐって、少なくとも欧米では宗教者や哲学者の発言が目を引きます。また最近では、iPS細胞発見による日本の山中教授へのノーベル賞授与が決まり、山中教授自身が倫理委員会の必要を促すなど、今後、この問題に対する宗教者や倫理学者の見解が注目されるところであります。

 このようなホットな状況に鑑み、第10回の合同研究会は「科学と宗教の統合」をテーマにしたいと思います。第一日目は、ホワイトヘッド研究の世界的な第一人者であり、西田哲学や田辺哲学に詳しい田中裕上智大学教授と、これまで統合学術国際研究所を牽引されてこられた池田善昭立命館大学元教授のお二人に基調講演をお願いし、二日目は、これを受けて、カトリックの司祭であり科学哲学に詳しい原田雅樹仙台白百合大学准教授と、科学のみならず比較文明についても碩学の伊東俊太郎東京大学名誉教授を交えたシンポジウムを皮切りに、参加者全員を巻き込んだ活発な討論会を催したいと思いますので、皆さま、奮ってご参加頂ければ幸いです。

開催日時

2012年12月15日(土)~16日(日)

開催場所

KKRホテル熱海  静岡県熱海市春日町7-39

基調講演

田中 裕先生 上智大学文学部教授

 テーマ 「科学と宗教の『統合』」
《専門分野》 宗教哲学および科学哲学
《業  績》 著書
「宗教と自然科学 岩波講座宗教と科学4」(岩波書店 共著  1992年)、「逆説から実在へ-科学哲学・宗教哲学論考」(行路社 単著 1993年)、「ホワイトヘッド-有機体の哲学」(講談社 単著 1998年)、「プロセス思想研究」(南窓社 共著 1999年)、 「Physics and Whitehead-Quantum, Process, and Experience」(SUNY 共著 2009年)、「人間・科学・宗教-地球環境問題を考える」(研究叢書『親鸞思想と現代世界』Ⅴ 共著 2005年)、「形而上学の現在-岩波講座哲学02」(岩波書店 共著 2008年)、など。

池田善昭先生 立命館大学元教授

  テーマ 「『統合』とは何であるか ― 統合の根拠について ― 」
《専門分野》 統合論哲学
《業  績》 著書
「「ライプニッツ『モナドロジー』」(晃洋書房2011年)、「『哲学』のゆくえ―近代認識論から現代存在論へ」(晃洋書房2005年)、 「自然概念の哲学的変遷」(編著 世界思想社2003年)、「心身関係論―近世における変遷と現代における省察」(晃洋書房1998年)、「『モナドロジーを読む』―ライプニッツの個と宇宙」(世界思想社1994年)、「システム科学の哲学―自己組織能の世界」(世界思想社1991年)、など。

パネルディスカッション

 テーマ 「科学と宗教の『統合』」
パネリスト 田 中   裕 先生   上智大学教授
  池 田 善 昭 先生   立命館大学元教授
  原 田 雅 樹 先生   仙台白百合女子大学准教授
コーディネーター 山 脇 直 司 先生   東京大学大学院教授
コメント・講評 伊 東 俊太郎 先生   東京大学名誉教授

出席者一覧 (敬称略・順不同)

伊 東 俊太郎 東京大学名誉教授 科学史・比較文明学
八 木 誠 一 東京工業大学名誉教授 宗教哲学・新約聖書神学
池 田 善 昭 立命館大学元教授 統合論哲学
片 井   修 京都大学名誉教授 システム科学
田 中   裕 上智大学文学部教授 宗教哲学・科学哲学
山 脇 直 司 東京大学大学院総合文化研究科教授 社会哲学・社会思想史
有 賀 裕 二 中央大学商学部教授 理論経済学・ミクロ経済学、進化経済学
山 下 善 明 明星大学人文学部教授 哲学・倫理学
原 田 雅 樹 仙台白百合女子大学
人間発達学科准教授
科学哲学
山 下 和 也 愛知大学法学部准教授 オートポイエーシス
大 西 光 弘 立命館大学文学部非常勤講師 ライプニッツ哲学
金 澤   修 東京学芸大学非常勤講師 古代ギリシャ・ローマ哲学
竹 内 日 祥 統合学術国際研究所理事長